【疑問】Oラインの脱毛をするときの体制について

Oラインの脱毛をするとき、どんな体勢になるんだろうと気になったことはありませんか?

デリケートなことなので、なかなか恥ずかしくて人に聞けませんよね。

Oラインは自分では見えない位置にありますから、そもそもムダ毛が生えているかどうかってわかりませんよね。

鏡を使ってもムダ毛が生えているかどうかまではちょっとわかりにくいです。

ですが、生えている人はけっこうムダ毛が生えているんですが、Oラインにムダ毛が生えているとなんだか不衛生だと思いませんか。

ですからお尻を清潔に保つためにも、エチケットとしてOライン脱毛は必要なんです。

Oライン脱毛は、VIOライン脱毛としてセットになっていますから、デリケートゾーン全体の脱毛がリーズナブルにできます。

Oライン脱毛の体勢は実は脱毛サロンによって違ってきます。

ほとんどの脱毛サロンでは専用の紙パンツを履いて施術をします。

中には紙パンツではなくて、タオルを巻いて施術を行う脱毛サロンもあるようです。

Oラインを脱毛するときは、うつ伏せで施術を行う脱毛サロンと、四つん這いで施術を行う脱毛サロン、横向きで施術を行う脱毛サロンがあります。

どの体勢であっても、基本的にはスタッフがお尻の穴を広げながら脱毛施術を行います。

これに少し抵抗を感じる人もいるかもしれませんね。

Oラインはスタッフ2名体制で施術を行うところもあり、1人がお尻を広げてもう1人が照射していくという感じです。

Oラインは照射部分が少ないので、施術時間は大体10~15分程度です。

ですから恥ずかしいと言っても本当にあっと言う間に施術が終了してしまいますよ。

恥ずかしさもそうですが、普段なかなかしない体勢ですから、短時間でも結構なストレスになってしまいます。

このOラインの施術時におけるストレスを少しでも緩和するために、脱毛サロン側もいろいろと工夫をしてくれているんですよ。

短時間で施術を終えるというのも工夫の1つですし、2人体制で行うこともそうです。

このようなデリケートな部分を脱毛する恥ずかしさと体勢の辛さに対して、しっかりサポートしてくれている脱毛サロンを選ぶのがポイントです。